業務用エアコンリースは解約できる?

業務用エアコンをリースで導入する企業や工場が増えていますが、リースのシステムについて疑問に思っていることもいくつかあるのではないでしょうか?
初めてリース会社の利用を検討している人に話を聞いてみると、もっともよく聞かれたのが「リースは解約ができるか?」という点でした。
≫ 『業務用エアコンリースは解約できる?』

業務用エアコンの初期費用

業務用エアコンをリースで導入するメリットはいくつかありますが、中でももっとも大きいのは「初期費用がかからない」ところではないでしょうか?
これはリースを選択する理由としても一番よくあがっていますし、実際にリース会社を利用した人に話を聞いてみても初期費用がかからない分選択肢も広がり、導入しやすいと答えていました。
≫ 『業務用エアコンの初期費用』

業務用エアコンの修理

業務用エアコンの導入を検討中の経営者の中には、あらゆるリスクを想定している人がほとんどだと思いますが、もっとも考えられるトラブルとして故障があげられると思います。
業務用エアコンは基本的に企業内、工場内、またはお店などで使われるので常に運転している状態であることがほとんどですし、場合によっては24時間常に稼働していることもあるでしょう。
いくら丈夫にできているからと言っても、経年によって確実に劣化していくことは間違いありませんし、初期不良や温度変化によって故障が起こることも十分想定できます。
≫ 『業務用エアコンの修理』

業務用エアコンリースと購入の比較

これから業務用エアコンを導入したいと考えている企業・工場では、リースと購入どちらがお得か頭を悩ませているところも多いのではないでしょうか?
そこで今回はリースと購入の特徴を紹介していきますので、どちらがメリットが多いか比較してみてください。
≫ 『業務用エアコンリースと購入の比較』

業務用エアコンリースのデメリット

業務用エアコンはリースで導入するのがおすすめだという話をよく聞きますが、これはいくつかのメリットによるところが大きいです。
たとえば通常安くても300,000円前後かかる製品の場合、リースで導入すれば初期費用はほとんどかからず月々のリース料も数千円程度で5年から7年継続して使えますから導入しやすいのです。
一括でまとまったお金を用意するのはリスクも大きいですし、ほかにも使うべきところはありますからそういった企業・工場にとってリースはとても魅力的なのです。
加えてリースは動産契約になるため、万が一災害に巻き込まれてしまっても保険が適用されますので、損害もほとんど出さずに済みます。
≫ 『業務用エアコンリースのデメリット』

業務用エアコンの種類

業務用エアコンを導入するにあたって、どんな種類があるのか調べている経営者の方も多いと思いますが、最近では購入するよりもリースでの導入が増えているそうです。
リースは初期費用がほとんどかかりませんし、月々にかかるコストもわずかなので大きなダメージを与える心配もありません。
特にコストカットに積極的な企業・工場にとってはリースにすることで月々にかかるコストも安定しますから、よりスムーズな経営ができるはずです。
それではリースで業務用エアコンを導入する場合、どんな種類があり、選択することは可能なのでしょうか?
≫ 『業務用エアコンの種類』

業務用エアコンの価格

業務用エアコンの導入にあたって、まず最初に気になるのがどのくらいの価格で導入できるのか?という点です。
特に立ち上げて間もない、またはこれから立ち上げる企業・工場にとってはできるだけ導入費用を抑えたいと考えているところも多いので、できるだけ安いほうが好ましいはずです。
とは言っても粗悪な製品を導入してすぐに壊れてしまったり、たびたびトラブルに見舞われてはいけませんので製品のクオリティも高く、そして安くなければいけません。
したがって導入にはどうしても慎重になりますし、失敗しないためにいろいろ模索していることと思います。
≫ 『業務用エアコンの価格』

業務用エアコンをリースするメリット

近年、企業や工場では業務用エアコンの導入にあたってリース会社を利用する傾向が強くなっているそうですが、これはどんな理由があるのでしょうか?
ここではリースのメリットをいくつか挙げていきますので、導入するときの検討材料にしてほしいと思います。
≫ 『業務用エアコンをリースするメリット』

業務用エアコンの選び方

リースで業務用エアコンの導入を検討している企業、工場は多いと思いますが、このときにとても重要になるのが選び方で、これはリースの特徴が大きく関係しています。
そこで今回は失敗しない業務用エアコンの選び方についてアドバイスしていきますので、導入にあたって参考にしてください。
≫ 『業務用エアコンの選び方』

業務用エアコンのリース

企業や工場などで不可欠なものの中に業務用エアコンがあげられると思いますが、これは大変高額になるため導入コストを考えても慎重にならざるを得ないと言えます。
しかし絶対に必要なものでもあるので導入にあたってしっかり情報収集することが大切ですし、コストカットのためにはいろいろな選択肢があることも覚えておかなければなりません。
≫ 『業務用エアコンのリース』

ハウス栽培専用の業務用エアコンはダイキン

業務用エアコンで有名なダイキンですが、ダイキンではハウス栽培専用の業務用エアコンも販売されています。ハウス栽培で野菜などを育てている農家の人にとっては知っておきたい製品です。この製品はSFYP140Aの5馬力、SFYP224Aの8馬力タイプがあります。省エネ性に優れている業務用エアコンで、大幅に燃料代を削減することが可能です。

ハウス栽培においては、適切な温度管理が非常に重要です。通常の製品と比べて大きな特徴は、温度設定範囲が広いということです。暖房の場合には30~10℃、冷房の場合には30~15℃に設定をすることが出来るので、あらゆるものに適用させることが出来ます。また、通常暖房運転を行う際には霜取を行う必要があります。通常この霜取の間は運転を停止してしまうのが一般的です。この製品ではそのような霜取運転の時間を約6割程度削減しているので、ビニールハウス内の温度を安定して保つことが出来ます。

さらに、この製品には急速暖房立ち上げ機能も搭載されているので、寒い冬でも安心して利用することが出来ます。ハウス栽培を行なっている人は、ぜひ1度導入を検討してみてはいかがでしょうか?燃料代の節約にも効果を期待出来ます。

業務用エアコンから嫌な臭いがする場合

店舗などに設置している業務用エアコンを運転すると、なんだか臭うそう感じたことあるという人いませんか?業務用エアコンから嫌な臭いがするというのは故障ではありません。しかし、長い間メンテナンスなどをしていないなどでカビや雑菌などが繁殖してしまった場合にこのような嫌な臭いが発生します。その他にも、タバコなどの臭いがついてしまった場合にもこのような臭いが発生します。

業務用エアコンの内部はカビや雑菌にとって快適な環境であると言われています。そのため、掃除などをまったくしないでいると、繁殖して臭いが気になるということになります。臭いが気になるという場合には、専門業者に依頼して業務用エアコンの内部をクリーニングしてもらうようにするとよいでしょう。クリーニングを行うことで、今まで感じていた嫌な臭いが解消されるという場合が多いです。

内部の部分は、クリーニングに慣れている専門業者に任せたほうが効果的です。自分でやるという人もいますが、取扱いを間違えると思わぬ事故につながる恐れがありますので、どうしても自分でやりたいという場合には、取扱説明書を確認して正しく行う必要があります。業務用エアコンのクリーニング業者は、インターネットなどでも簡単に検索出来ます。

掃除機能付き業務用エアコン

業務用エアコンは、非常に色々な種類の物があります。中でもおすすめなのが掃除機能付きの業務用エアコンです。ダイキンや日立などから掃除機能付きの業務用エアコンが発売されています。フィルターについたゴミ、ほこりなどを集めて掃除するという機能がついています。

室内機にダストボックスと呼ばれる、ゴミ箱のようなものがあり集めたゴミ、ほこりがそこに溜まります。溜まったゴミは定期的に捨てる必要があります。メーカーや機種などによって異なりますが、このダストボックスがいっぱいになるとリモコンなどに表示されるので、とても便利です。

業務用エアコンの場合には、どうしても掃除が大変という場合が多いので、掃除をすることも考えるとこのような掃除機能付きエアコンを購入するというのもよいでしょう。ただし、一般的には、掃除機能付きとそうでないものでは、掃除機能付きの方が、価格が高いというケースが多いので、注意しましょう。 業務用エアコンのフィルターの掃除をしないでおくと、臭いが発生する、故障に繋がるなどのリスクが高まります。定期的に掃除するのが嫌だなという人は、掃除機能付きのものを検討してみるとよいでしょう。

ダイキンの寒冷地向け業務用エアコンがおすすめ

業務用エアコンには寒冷地向けのものがあります。その中でもとくに注目されているのが、ダイキンのスゴ暖ZEAS というものです。普通の業務用エアコンと比較してどのような点が違うのでしょうか?まず、寒冷地では冬になると雪が降りますし、気温も氷点下まで下がるという日が珍しくありません。そのため、過酷な環境でもしっかりと運転することが出来る製品が求められます。

そのような面で見てもこのダイキンのスゴ暖ZEASは最適です。外気温-25℃まで暖房運転を行うことが出来ます。さらに、大きな特徴が運転からわずか5分で50℃の温風を出すことが出来、最高60℃の高温風を吹出すことが可能です。運転してからすぐに温風が出るというのが大きなメリットとなっています。寒さの厳しい寒冷地では、運転してからすぐに暖かくなるというのはとても重要です。オフィスなどであれば、朝のミーティングや会議などに使用するのにも適しています。

室外機にも工夫がされており、凍結、霜付きに強い設計になっているため、寒冷地向けの業務用エアコンとしては大変おすすめです。普通の業務用エアコンでは、寒さによって室外機の内部が凍り付いてしまうということも珍しくない為、凍結に強い設計というのは非常に重要です。おすすめですよ。

Panasonicの業務用エアコンの特徴とは

業務用エアコンのメーカーはいくつかありますが、その中でもPanasonicの業務用エアコンの特徴について紹介します。Panasonicの大きな特徴は、エコナビです。このエコナビを活用することによって毎月の電気代を節約するのに大きく役立ちます。エコナビには3つのセンサーが搭載されています。3つのセンサーとは、人感センサー、床温センサー、湿度センサーです。人感センサーでは、人間の動きを検知してその動きに応じた運転を行います。人がいない状態などでは節約運転を行うので無駄な電気代をカットすることが出来ます。

床温センサーでは、床面の平均温度を測りそれに応じて適切な運転を行います。湿度センサーでは湿度を測り上手く節電を行います。通常の業務用エアコンの場合には、人がいない場合でもずっと運転を継続しているのでその分無駄な電気代が発生してしまいますが、エコナビなら人がいないことを検知した場合には、節電して運転を行うので、無駄な電気代をカットできるのが大きな魅力です。オフィスなどにこのPanasonicのエコナビがあれば大きな節電になるでしょう。自動で節約してくれるからいちいちリモコンで操作するという必要もないので簡単です。

いつもよりも業務用エアコンの効きが悪いと思ったら

職場などで使用している業務用エアコンの冷房や暖房の効きが悪いと感じたらどうすればよいのでしょうか?まず、いきなり修理業者を手配するのではなく、自分自身でいくつかのポイントをチェックしてみましょう。そのチェックポイントとは、まず運転モードの確認です。運転モードはリモコンに表示されていますので適切な運転モードになっているか確認してみましょう。冷房、暖房、自動、送風、ドライなどのモードがありますので、適切であるか確認します。その次にチェックしておきたいのが、風量や風向です。風量が弱などになっていないかどうかを確認します。風向についても冷房などの場合風向が下を向いた状態だと部屋全体を冷やすことが出来ないので、自動や水平になっているか確認します。

さらに、フィルターにゴミなどの汚れがたまっているという場合にも業務用エアコンの効きが悪くなります。このような場合にはフィルターを掃除してみることで改善することがあります。他には室内機だけでなく室外機のチェックも重要です。周りがふさがれていて上手く熱交換が出来ないような状態になると効きが悪くなってしまいます。そのようなポイントをチェックしてから、業者に相談してみましょう。

業務用エアコンのエアフレックスで風が体に当たるのを防ぐ

三菱重工のエアフレックスが話題となっています。業務用エアコンの風が体に直接当たるのが苦手という人は少なくありません。そんな問題を解消してくれるのがこのエアフレックスです。オフィスなどで起こるのが寒すぎる、暑すぎるという悩みですがこのエアフレックスがあれば問題ありません。吹出し口それぞれに、設定をするかしないかを選択することが出来るので、便利です。また、これにはドラフト感防止機能が搭載されているので、業務用エアコンからの冷風に敏感な人でも快適に過ごすことが可能です。もちろん暖房の場合も同じで、体に直接風が当たらないように出来るのはとても快適です。

今までの業務用エアコンの場合体に直接風が当たるというケースが多く、苦手だと感じていた人も多いでしょう。とくに長時間のデスクワークなどの場合には、不快に感じている人が多かったことでしょう。そんな冷房、暖房時の不快を解消してくれるのがこのエアフレックスです。快適な空間を作ることが出来るので、業務もスムーズに行うことが出来ます。店舗に導入するのもよいですが、やはりおすすめはオフィスなどに導入するという場合です。オフィスに導入する業務用エアコンを検討中ならぜひおすすめです。

業務用エアコンのお役立ち情報

業務用エアコンが効かないと感じたら
業務用エアコンを使用していると冷房や暖房が効かないと感じることがあります。そのような場合の原因とはどのようなものなのでしょうか?まずは運転モードが適切であるかを確認してみましょう。運転モードには、冷房、暖房、ドライ、送風、自動などのものがあります。正しい運転モードになっているか確認しましょう。フィルターが汚れているという場合や、室外機のまわりに物が置いてあるなどの場合にも効きが悪くなりますので、注意しましょう。これらに問題がないという場合にはまず、業務用エアコンを一旦停止して、ブレーカーを落としてみましょう。業務用エアコンのブレーカーを落として、しばらくしてからブレーカーを上げて運転してみましょう。それでも効きが悪いという場合には、業者に修理を依頼するようにしましょう。

業務用エアコンでより効果的な節電をするならエコナビ
業務用エアコンには、色々なメーカーがありますが中でも、より効果的に節電をしたい、快適性を求めたいのなら、Panasonicのエコナビがおすすめです。このエコナビには、人感センサーと床温センサーが搭載されています。そのため、人間の動きによって節電運転を行うなど無駄を省いてくれます。さらに、湿度センサーも搭載されているので、部屋の湿度も検知することが出来ます。店舗やオフィスの業務用エアコンはなるべく節電するようにしたいと考えている人が多いでしょう。そのような人に、これはおすすめです。これを使うには、エコナビパネルやエコナビ機能を使用するためのワイヤードリモコンが必要になります。

業務用エアコンには数種類ある?
業務用エアコンは、みんな同じようなものであるというイメージを持っている人がいますが、それは違います。業務用エアコンにもそれぞれに適したタイプのものがあります。具体的に、業務用エアコンにはどのような種類があるのかということですが、壁掛形、床置形、ビルトイン、天井吊形、天井カセット形4方向、2方向などのものがあります。これらは、部屋の広さや周囲の状況などを加味しながらどのタイプのものがよいのか決めるのがよいでしょう。どのタイプのものがよいのかということは、業者と相談しながら選ぶようにするとよりよいでしょう。業務用エアコンは、設置場所によって適したものが違うということを覚えておきましょう。

西日本・東日本の業務用エアコンリース会社

西日本・東日本の日本全国で活動している業務用エアコンのことならリースにも対応している愛知県名古屋市の新空調